はじめてのお客様のご相談の受付

相談予約受付
 予約受付は電話にて平日の午前9時から午後5時30分まで。電話で事前にご予約ください。 その際、ごく簡単に事情を事務局あてお伝えください。 予約なしでのご来所の場合、対応ができませんのであしからずご了承ください。 電子メール、FAXでの相談、問い合わせは受け付けておりません。 相談は初回は弁護士と面談で、2回目以降の継続相談の場合は電話でも対応しております。

借金の整理事案など、緊急性の高い案件は、その旨、お申し出ください。

紹介者を通じてのご依頼の処理を優先しております。 多忙の際、お断りすること、お時間が取りづらいことがありますので、あらかじめご了承ください。

相談料
 サラ金法律相談 初回無料でご相談をおうけします。 2回目以降は一般民事相談に準じます。

一般民事相談(相続問題など) 30分あたり5250円(初回)。

 企業経営事項に関する相談、労働相談(経営者側のみ) 相談料については応相談。

お電話の前に
 できるだけ資料を揃え、経過を簡単なメモにまとめた上でお電話ください。 借金の場合は、全ての借入先と連絡先・借入金額・一番最初からの借入期間を、一覧に書き出してください。 またご来所時までに資料を思いつく限りご持参いただき、経過を時系列に沿ったメモなどにまとめていただく方が、 相談時間の節約になり、また二度手間になりません。

取扱業務

取扱業務(どんな仕事をしているの?)

列挙すると以下のようなものです。

金融法務(主に金融機関側。金融取引法・担保・管理・回収など)
不動産取引関連
労働事件(使用者側のみ)
民事介入暴力対策(企業脅迫対策・不当要求対策)
財務と法律両面の検討を要する企業経営改善指導
割賦販売法・特定商取引法・景品表示・不当表示法関係の企業指導
企業のコンプライアンス指導
上記業務に関する研修講師・講演
自己破産・民事再生の申立(会社・個人)
個人再生(小規模個人再生・給与所得者等再生)
その他多重債務者処理(特定調停・過払金返還請求・債務整理)
破産管財業務
行政事件(主に自治体側)

私の仕事の傾向をわかりやすく言いますと以下のようなところです。

会社(株式会社と限らずいろんな法人・自治体)からの相談業務のウエイトが高いです。
ついで、サラ金破産・個人再生・破産管財など、倒産処理全般に関する業務が多いです。
大会社から零細会社・個人まで、事業者の相談に対応できるようにしています。

幅広く最新の社会経済知識や法律調査能力を高めるよう研鑽しています。

むやみにいちかばちかの紛争を仕掛けることには慎重です。

依頼者である企業・事業者にコンプライアンスと高い経営方針を求め、トラブルを未然に防ぐことに重きを置きます。

依頼者の問題点を深く聴き取り検討し、コンサルティングすることを大切にしています。

初期段階で十分にヒアリングと見込みの説明をおこない、互いの方針や考え方を照らし合わせ、その上で、方針や見解の相違・感覚の溝が埋まらないような事案では、依頼をお断りすることも少なからずあります。

借金を抱えた人からの相談案件が非常に多くなっています。
中小企業・商売をやっている人・サラリーマン・主婦・無職者問わず、負債の処理の相談やサラ金相談に応じ、自己破産や個人再生申立・その他の手法での多重債務者救済案件を、常時こなしています。

紹介者を通じてのご依頼を優先しております。しかし、借金の整理事案、民暴被害事案など、緊急性の高い案件は、時間の許す限り対応するよう心がけています。
弁護士が多忙になりすぎると、それまでお受けしているクライアントにご迷惑をかけるというのが持論です。ご相談があっても他の仕事との関係で時間的に余裕がないなどの場合、お受けできないことがあります。また、方針について合わない場合も同様にお断りすることがあります。
  といったものです。

ページトップに戻る